薬剤師の病院勤務から薬局への転職

大学六年間の薬剤師養成課程を経て国家試験に合格した後は、殆どの学生は病院勤務を選びます。

よく薬剤師の求人で高給取りの薬局勤務の募集を見ます。

しかし、初任給を比較すると病院勤務は薬局勤務に比べると世間一般的に思われるほど給料も高くなく、仕事内容も激務です。

ではなぜ病院勤務を選ぶかというと、やりがいです。

病院では、薬剤師の意見で治療における処方方針が見直されたり、治療方針に薬の選択が活かされたりと責任ある仕事を任されます。

その分、経験や知識が重要になり、学生時代以上に知識を深め経験を積んでいくことを強いられます。

このように病院勤めのほうが自分のスキルを上げるためには効果的です。女性薬剤師は結婚や出産を機に転職される場合が多いです。

そのほとんどが病院勤務から薬局勤務に変更します。その理由はやはり、働きながら家事や育児をしながら病院勤務の当直などの激務に対応するのは難しいようです。

薬局勤務では、自分の都合に合わせて働きやすいメリットがあるのです。薬局勤務では、そういったメリットを活かしながら女性が働けるので素晴らしいと思います。

参考になるサイト